先輩に聞く

先輩社員から愛あるお話

薬剤師の仕事とは、突き詰めると患者様への「愛」なのです。その人の気持ちに寄り添って、しっかりと支えていくこと、それはやっぱり愛があるからできることなのです。
ヒューメディカには先輩達が育んできた愛がたくさんあります。患者様とのふれあいや地域との交流、職員同士のつながりを大切にすることで生まれてくる愛。そんなたくさんの愛の中から、「ヒューメディカで働いてみて愛を感じたこと」を先輩に聞いてみました。

先輩には厳しく指導されることもあるけど
それはまさしく愛のムチなんです。

入社する前は、うまくやっていけるか不安でいっぱいでした。でも、日々の仕事を覚えていく中で、そんな不安はいつの間にかなくなっていました。自然と馴染めたのは、和気あいあいとしたアットホームな雰囲気が自分に向いていたからだと思います。
実際の現場では自分一人では判断に迷うこともありますが、先輩方がしっかりとサポートしてくださいます。しかし、普段は優しい先輩方も薬剤の扱い方になるととても厳しく指導されます。でも、その中にも「すごい愛があるっ!」といつも感じています。

愛をこめて丁寧に接することで
素敵な笑顔に出会える喜びがあります。

薬局には、体力やこころが弱っている人が多く訪れます。病気のときはちょっとした心遣いが嬉しく感じるものです。
そこで私は正確な調剤を行うことはもちろん、患者様が何を望まれているかを常に考えて接するようにしています。それは温かい言葉だったり、笑顔や共感の表情だったり、お話に耳を傾けるなど、患者さんのその日の状態によって異なります。それも薬剤師の重要な使命だと考えています。
そして、そういった患者様とのふれあいのなかで、愛にあふれた素敵な笑顔に出会えることがあります。その笑顔(愛)は、私に薬剤師としての大きな力を与えてくれます。

地域の方々との交流のなかで
わたしのなかに生まれた地域への愛。

ヒューメディカに入社してまず感じたことは「地域の皆さんに本当に愛されているんだなぁ」ということです。
ヒューメディカは地域活動をとても大切にしていて、イベントの開催やお祭りへの参加、ボランティア活動など、あらゆる活動に積極的にかかわっています。地域の方々と密接につながっている様子は、単なる薬局という位置づけではなく、よく行き来する「お隣さん」といったイメージに近いかもしれません。地域の方々との交流のなかで、わたしのこの地域への愛もどんどん深まってきています。

先輩社員の一日

薬剤師として現場で活躍する先輩たちは、どのような一日を過ごしているのでしょう。汐田薬局Yさんのある一日を紹介します。

  • 出勤

    出勤
    一日の始まりは掃除からスタート!薬局内を掃除して開局準備です。「今日も一日がんばります。」
  • 8:45
  • 朝礼

    朝礼
    全員で朝のミーティングを行います。連絡事項や徹底事項を共有するための大切な時間です。
  • 開局

    9:00〜
    開局。患者様が来局されたら笑顔で迎えます。調剤、監査、投薬、服薬指導は焦らず、すばやく、正確に!
    1. 9:00〜
    2. 10:00〜
  • 業務中

    10:00〜
    患者様が多くなってきます。忙しくなってきますが、そんな時こそ笑顔を絶やさず対応します。
  • 出勤

    13:00〜14:00
    お昼の休憩時間。休憩室へ移動してリフレッシュタイムです。食後はコーヒーでほっと一息。
    1. 13:00〜
    2. 14:00〜
  • 朝礼

    14:00〜16:00
    午後の業務開始です。調剤および在宅医療サポート業務を行います。個人宅を回り、お薬を届けます。
  • 出勤

    16:00〜17:00
    薬剤の在庫を確認し、発注業務を行います。その後、薬歴簿を作成し、明日に備えて簡単な清掃をしておきます。
    1. 16:00〜
    2. 17:00
  • 朝礼

    帰宅
    業務終了です。やるべきことは時間内に終えて、今日はまっすぐ帰宅します。